×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

早期教育

早期教育の前に子供の才能を確認しませんか?

今、早期教育に興味を持つ親が増えています。
3歳〜6歳の子供を持つ親千人を対象に行ったネット調査で7割が早期教育に興味を持ち、8割が水泳、英語、音楽などの習い事に関心を持っていたそうです。

 

早期教育とは小学校入学前の幼児に早いタイミングで施す教育を意味します。乳児に対する「育脳」なんかも早期教育に含まれると言われています。

 

早期教育のメインターゲットは3歳〜5歳の幼稚園児。
九九・漢字・そろばん・音楽・英語などを教育し、小学校入学時には「スーパー小学生」とする事です。

 

子供の早期教育へ取り組む前に遺伝子検査で子供の才能を調べる親が増えているんです。自分の子供がどんな才能があるのかを知った上で、その才能を伸ばす早期教育に取り組みたいって考えるんですね。

 

遺伝子検査は子供の口の中を綿棒でこすって粘膜の細胞を採取。2万〜3万あるという遺伝子から9つの遺伝子の配列を解析することで、学習能力・身体能力・感性の3項目について秘められた才能を見つけられるんです。

 

信憑性に疑問を感じる人もいますが、知ることができるなら知りたいし、子供の人生に役立つと考える人が多いです。

 

遺伝子検査により次のような子供の才能がわかるんです。
 ・コツコツと反復して記憶する事を好む堅実家タイプ
 ・発想を物事の判断の軸に置く発明家タイプ

 

遺伝子検査の費用は約6万円。学習能力だけ、運動能力だけという、特定分野だけの検査ならもう少し安価な事もあるようです。
検査結果は、将来何をやるかを選択する時、子供がつまづいた時などに生かすことができると、検査に満足される親が多いんですよ。

 

「自分の子には厳しい競争社会の中で勝ち組の道を歩んでほしい」そんな両親の切実な思いを実現するために早期教育に取り組む反面、「高学歴や有名企業への就職という成功ではなく、自分のやりたいこと、好きなことを見つけて、夢を実現できる人になって欲しい」と早期教育や遺伝子検査を行う人も多いんです。

 

あなたがお子様の早期教育に興味を持っておられるのであれば、まずは遺伝子検査により子供の才能を知る事から始められませんか?
早期教育の具体的な内容を考える上で必ず役に立つ調査だと思います。

 

▼ 遺伝子検査の詳細はこちら ▼

 


早期教育の状況

従来早期教育は富裕層の子供が通う幼稚園や幼児教室行われるものでしたが、今では身近な託児所や幼稚園でも取り入れられています。

 

少子化による園児現象で経営環境が厳しい市立幼稚園や保育園にとってカリキュラムに早期教育を組み込む事は、他園との差別化を図る武器となっています。

 

現在は約250園が早期教育を導入しており、赤字経営だった幼稚園が早期教育による園児増加で黒字に転じた事例も少なくないようです。

 

早期教育の費用は結構高額です。1日10時間で月曜〜金曜日の間に早期教育を施す託児保育教室の場合で月26万円。かなりの富裕層でないと支払う事ができない金額ですね。

 

それでも共働きの夫婦で自分が教育や躾が十分にできないと考える人は子供を通わせています。

 

また国は25年度から祖父母が教育費用を援助する時に贈与税を非課税とする制度を始めています。子供や孫に一括で資金を贈ると最大1500万円が非課税となるのですが、そのうち塾や習い事などに500万円まで使えるのです。

 

このような制度で早期教育の費用負担が容易になり、より一層過熱する可能性も噂されています。

 

しかし一方では早期教室の悪影響を訴える声もあります。過度の早期教室により、子供はストレスが溜まり自傷行為に陥るようなケースもあるようです。

 

専門家は早期教育について次のようにコメントしています。
「幼児への教育が強制になれば、探求心や学ぶ意欲が育たなかったり、繊細な子供を萎縮させたりする可能性がある。大切なのは子供の成長に合わせた教育をする事。早期教育が合う子供も早期教育が合わない子供もいる。親の自己満足にならないようにしなければならない」

 

このように早期教育は費用的な負担も大きいものですが、場合によっては子供への負担が大きいケースもあるものです。

 

だからこそ、早期教育を始める前に、遺伝子検査により子供の秘めた特性を理解した上で、早期教育の内容を考える事が重要だと思います。

 

▼ 遺伝子検査の詳細はこちら ▼